【節約】それ本当に必要? 買い物する前に5つのことを考えてみよう

f:id:hayaokibitonamuu:20170819102218j:plain

こんにちは、シンプル部屋を目指している 早起人 なむう(id:hayaokibitonamuu)です。

 

欲しいものを何も考えずに買ってしまうっていうことありませんか?

気がついたら、家に物がたくさんあって大変なことに...。

ということに、ならないためには買う前によく考えることが必要です。

 

よけいな物を増やさないために、5つのことを考えてみましょう。

 

 

1 買い物リストを作る

本当に必要かどうかを考えるために、リストを作ります。

紙、スマホなど、自分で使いやすいアイテムを使いましょう。

文字になることで冷静に考えることができます。

 

書いたリストは、3日後、1週間後、1か月後などに見てみます。

日数をおいて何日かしてリストを見ると、

『あれっ?こんなのいらないなあ』

『やっぱり必要』

と考えが変わってきます。

 

2 他に代用できる物はないか

家に代用できる物があれば、買う必要がありません。

または、今ある代用できる物を捨てて買い直すかです。

 

買い直すなら物の数が増えないし、気に入っているなら大事に扱うはずなのでお気に入りの1品となることでしょう。

 

3 必要な理由を考えてみる

必要な理由5個を考えてみましょう。

すごく買ってしまう人は10個考えてみましょう。

必要な理由を考えると少し冷静になれます。

 

4 デメリットを考えてみる

デメリットが多い場合は、あとで気に入らなくなる可能性が出てきます。

デメリットも考えることで、さらに必要かどうかが見えてきます。

 

5 買うと決めたら、比較するものをみつける

欲しい物と比較する物を探してみましょう。

 

たとえば、ノートを買いたいなら

A社、B社または同じ会社の別のデザインのものといった具合です。

 

比較している間に、考えが変わってきます。

いらなくなるかもしれないし、別の物にしたくなるかもしれません。

お気に入りを見つけて買った方が愛着がもてます。

 

ポイント

考えがまとまらないうちは、店に行かないようにしましょう。

必要な物が決まった時に行くことで、無駄な物を買うことがなくなります。

 

最後に

よけいな物を買わないということは、お気に入りが家にあるということです。

お気に入りのものは大事に扱うはずなので、しぐさも綺麗になったり、メンタルも良くなったり、お金も減らないし、部屋に物が増えないので良いことづくめです。

リスト化するのは、今日からでもできますね。