【グルテンフリー】ホットクックでクックパッド つくれぽ1万超『ヨーグルトとHMで超簡単濃厚チーズケーキ』作ってみた

 f:id:hayaokibitonamuu:20171202132514j:plain

こんにちは、簡単でおいしくできるものしか作りたくない 早起人 なむう(id:hayaokibitonamuu)です。

 

シャープ ヘルシオ『ホットクック』も買ったし、何か簡単でおいしいおやつを作りたい。と思ったら簡単に作れるのがありました。

 

グルテンフリーで『ホットクック』を使ってクックパッドのつくれぽ1万超した『ヨーグルトとHMで超簡単濃厚チーズケーキ』 作ってみたので紹介します。 

 

 

keikana    さん

cookpad.com

簡単においしく作ることが出来ました。ありがとうございます。

 

材料

プレーンヨーグルト 450g
お好みのジャム 又は砂糖 50~80g
卵 2個
※お好みでレモン汁 少々
 
●ヨーグルト 400gで作りたい場合
サラダ油 3g
で、 keikana さんは作っています。
 

グルテンフリーは、

『みたけ 大豆粉と米粉のパンケーキミックス』で作ってみました。

 
 

ホットクック(KN-HT99A)での作り方(目安70分)

1.材料を全部混ぜる。

2.内鍋にクッキングシートを敷してから、1.を全部入れる。

3.本体にセットして、『自動』 → 『煮物 1-22』 → 『スタートボタン』

  ※「KN-HT24B」の場合は『煮物 2-22』で行います。

4.出来たら内鍋を取り出して、内鍋のまま粗熱を取る。粗熱が取れてから中身を取り出す。

 

最初70分と表示されていたのですが30分ぐらい延長になっていたので、プラス30分くらいみておくと良いです。

ヨーグルトの温度、気温によっても若干時間が変わりそうです。

 

前に書いたホットクックの記事です。

hayaokibitonamuu.hatenablog.com

 

2.クッキングシートを敷いて、内鍋に中身を入れたところ

f:id:hayaokibitonamuu:20171202120512j:plain

内鍋にバターなどは塗らないで、そのままクッキングシートを敷いています。

 

3.『煮物1-22』を設定したところ

f:id:hayaokibitonamuu:20171202120527j:plain

炊飯器で作る人は、おかゆモードで作っていました。

おかゆは『煮物1-22』で作れるので、このモードで行います。

※「KN-HT24B」の場合は『煮物 2-22』で行います。

 

時間が表示されたところ

f:id:hayaokibitonamuu:20171202120541j:plain

『あと約70分』と表示されています。

実際には30分くらい延びました。

 

4.内鍋を取り出して、粗熱を取っているところ

f:id:hayaokibitonamuu:20171202122259j:plain

内鍋を出したばかりなので、まだ縁が平らで盛り上がっていません。

 

ポイント

・粗熱が取れてから、中身を取り出さないと中身が割れる

粗熱が取れる前に、中身を取り出したら中身が割れました。

割れても味に問題ありませんが、気になる人は気になるでしょう。

 

クッキングシートは内鍋にバターなどを塗らずに使いました。

特に問題はなかったです。

 

・味を濃厚にしたい場合

○冷蔵庫でひと晩寝かせてから食べると、濃厚さが増しますよ☆

 とのことです。

 

次の日に食べたら、濃厚さが増しました。濃厚にして食べたい場合は、前日に作っておくのをおすすめします。

 

完成

内鍋から出したところ(3回目 よつ葉 バターミルク パンケーキミックス

f:id:hayaokibitonamuu:20171202132500j:plain

粗熱が取れたので、中身を取り出したところです。

穴が開いてしまいましたが、縁も盛り上がってイメージどおりです。

 

切ったところ(3回目 よつ葉 バターミルク パンケーキミックス

f:id:hayaokibitonamuu:20171202132514j:plain

写真の色が薄いですが、イメージどおりに出来ました。

しっとり、さっぱり、甘さ控えめでおいしいです。

冷やしたり、次の日食べると濃厚さが増します。

 

切ったところ(4回目 みたけ 大豆粉と米粉のパンケーキミックス

f:id:hayaokibitonamuu:20171223143155p:plain

粗熱を取る前に取り出したので縁が盛り上がっていません。

色は濃いめになりました。

すぐ食べるより、冷やして食べた方がおいしいです。

 

制作メモ

ホットクックで作ってみて、3回目でコツが分かる。

 

●1回目 ケーキモードで作って、すぐに取り出す

マルサン 豆乳グルト 450g

よつ葉 バターミルク パンケーキミックス

ホクレン てんさい糖

ケーキモードでうまく固まらなかったので、同じモードをさらに行い完成。

蒸しパンという印象。すぐに取りだしたので縁は無い。

豆乳グルトで作ったので、味に酸味がなくぼんやりした感じ。

 

・2回目 『煮物1-22』で作って、すぐに取り出す

マルサン 豆乳グルト、明治 ブルガリアヨーグルト 450g

よつ葉 バターミルク パンケーキミックス

・ブルーベリージャム 50g

炊飯器ではおかゆモードで作っていたので、ホットクックのおかゆモードを探すと『煮物1-22』。

粗熱を取らないで、中身をすぐに取りだしたら中身が割れた。すぐに取りだしたので縁は無い。

豆乳ヨーグルトブルガリアヨーグルト半々で作った。多少酸味が加わったが、豆乳ヨーグルトのやわらかな味わいが勝ってぼんやりした感じ。

甘さが足りない。ジャムの場合は80gが良さそう。

 

・3回目  『煮物1-22』で作って、粗熱を取る

・明治 ブルガリアヨーグルト 450g

よつ葉 バターミルク パンケーキミックス 100g

ホクレン てんさい糖 80g

粗熱を取ったら、縁が盛り上がりイメージどおりの仕上がり。

ブルガリアヨーグルトで作ったら、酸味がいい感じに出た。  

甘さ控えめ。

 

・4回目   『煮物1-22』で作って、すぐに取り出す

・マルサン 豆乳グルト 400g

・みたけ 大豆粉と米粉のパンケーキミックス 100g

ホクレン てんさい糖 70g

・レモン 半分

・オリーブ油 3g

粗熱取る前に取り出したら割れた。

縁は粗熱を取っているときに、内鍋の中でできる。粗熱を取る前に出すと縁はできない。

みたけで砂糖70gだと甘い。

すぐ食べるとぼんやりした味。

すぐ食べるより、冷やして食べた方がおいしい。

 

・5回目   『煮物1-22』で作って、粗熱を取る

・明治 ブルガリアヨーグルト 450g

・みたけ 大豆粉と米粉のパンケーキミックス 100g

ホクレン てんさい糖 60g

甘さほどよくなったが、もうちょっと甘さ控えたい。

冷やした方がおいしいが、冷やさなくてもそれなりにおいしい。

 

次回

5回目のレシピで、さらにてんさい糖を減らす。てんさい糖 50gで作ってみる

 

最後に

炊飯器の有る人は、炊飯器の中で全部混ぜたらそのまま作れるので洗い物が少なくて楽です。「おかゆコース」で作れます。

うちは、炊飯器がないのでホットクックで作ってみました。

簡単でおいしくて、ヨーグルトで作るのでカロリーも低くて良いです。

今のところ3番目に作ったのが一番おいしいです。ヨーグルトはブルガリアヨーグルトのような普通のヨーグルトの方がおいしくできる気がしてきました。

グルテンフリーは、5回目に作ったのがおいしかったです。