【ヘッドフォン】パイオニア『SE-M531』臨場感があるのにコスパも良くておすすめ [レビュー]

f:id:hayaokibitonamuu:20180210123024p:plain

こんにちは、家に居るときはヘッドフォン率が高い 早起人 なむう(id:hayaokibitonamuu)です。

 

ヘッドフォンがとうとう壊れたので、買い直しました。

2000円程度のものをいつも購入しています。

 

今回は、パイオニアのヘッドフォン『SE-M531』紹介します。

 

 

hayaokibitonamuu.hatenablog.com 

特徴

迫力の重低音で、臨場感豊か 

● 強磁力希土類マグネットによる豊かな低域と、CCAWボイスコイルによるクリアな広帯域再生の実現により、臨場感豊かな再生

● POWERFUL BASSダクトによる低域再現により、臨場感豊かで迫力ある重低音を再生

● 大口径40㎜ユニットによる迫力サウンド

 出所:パイオニア SE-M531 

 

簡単に装着

サイズ調節が不要です。

「ヘッドバンド」にゴムが付いているので、ゴムで自動で長さ調節ができる「フリーアジャストヘッドバンド」です。

「ヘッドバンド」が幅広なので、安定します。

 

着け心地が良い

「ベロア調イヤーパッド」で、ソフトなつけ心地です。

ごわごわとした感じはありません。

 

商品

箱に入った本体

f:id:hayaokibitonamuu:20180210122854p:plain

箱に入っている状態です。

 

横から見たところ

f:id:hayaokibitonamuu:20180210122933p:plain

見た目は、光沢があります。

光沢があるので、指紋がつきやすいです。

 

前から見たところ

f:id:hayaokibitonamuu:20180210122949j:plain

耳の部分を持って装着するだけです。

「フリーアジャストヘッドバンド」なので、調節いらずで使えます。

 

POWERFUL BASSダクト

f:id:hayaokibitonamuu:20180210122958p:plain

丸いところが「POWERFUL BASSダクト」のようです。

 

イヤーパッド

f:id:hayaokibitonamuu:20180210123009p:plain

 「ベロア調イヤーパッド」です。

あまりベロアという感じはしませんが、ヘッドフォンでベロアというとこんな感じになるのでしょうか。

 

イヤーパッドは大きめなので、耳が大きい人でもスポっとおさまりそうです。 

 

コード

f:id:hayaokibitonamuu:20180210123039j:plain

コードは左側から出ていて、3.5mあります。

 

コード比較

f:id:hayaokibitonamuu:20180210123049p:plain

上が、『SE-M531』です。

下は、TEACのヘッドフォンのコードです。

『SE-M531』の方が、太さがあってしっかりしています。

 

ヘッドバンド

f:id:hayaokibitonamuu:20180210123024p:plain

Pioneerのロゴが入っています。

材質が書いていませんが、合皮だと思います。

「ヘッドバンド」は幅広で安定します。

 

ヘッドバンド伸ばしたところ

f:id:hayaokibitonamuu:20180210153158p:plain

「フリーアジャストヘッドバンド」のところです。 

ヘッドバンドのゴムを伸ばしたところです。

ヘッドバンドの根元にゴムが入っていて、ここで自動調節されます。

 

上にある「横から見たところ」の写真のヘッドバンドのところを見ると、伸び具合が分かりやすいです。

 

普通のヘッドフォンは、アジャスタのところを自分の頭に合わせて調節する作業が入りますが、これはその作業が不要です。

 

商品詳細

型番:SE-M531
製造番号:1728
形式:密閉型ダイナミック
再生周波数帯域:7 Hz ~ 40 000 Hz
インピーダンス:32 Ω
最大入力(JEITA):1 500 mW
出力音圧レベル:100 dB
ユニット口径:φ 40 mm
接続コード:片出し3.5 m
プラグ:φ 3.5 mm ステレオミニプラグ
質量:215 g(コード含まず)
付属品:φ 6.3 mmステレオプラグアダプター(金メッキ)
イヤーパッド:ナイロン
色:BLACK (-K)
製造:中国
保証期間:本体 1年(お買い上げ日より)

 

実際に使ってみた

テレビ用のヘッドフォンが壊れたので、購入しました。

家にあるテレビは、観たい場面によって音が選べます。音楽を観る時は「ダイナミック」とかにして観ています。臨場感が出ます。

普段は「標準」にしていますが、「標準」でも音にこだわったCMとかになると奥行きが出ます。

場面によって音の出方も変わるので、いろんな音の表情が楽しめます。

 

値段はお手頃なのに、それなりに楽しめるので良かったです。

 

良かったところ

・音に臨場感がある

・調節しなくてもよい

・コードに太さがあり、しっかりしている

・音漏れは特にしない

 

人に試してもらったところをみてみました。

大きな音で聴けば音漏れはしますが、普通の音量で聴いている分には漏れている感じはなかったです。

 

微妙なところ

・指紋がつく

 

光沢感があるので、指紋がつきやすいです。

 

壊れました

買ってから4か月程度で、壊れました。

f:id:hayaokibitonamuu:20180707190207j:plain

丁寧に扱っていましたが、割れました。

R側のヘッドフォンが傾いているなと思っていましたが、こんなに早く壊れるとは驚きです。

いままで使っていたヘッドホンはすべて断線のみで処分していましたが、本体が壊れたのは初めてです。

 

1年以内なら保証書があれば、通常使用なら交換してくれるようです。

本体がまた壊れるのではないかと思うのとフリーアジャストヘッドバンドが馴染めなかったので、残念ですがソニーに買い換えました。

 

ソニー『MDR-XD150』の記事です。

hayaokibitonamuu.hatenablog.com

音は、 『SE-M531』の方が良いと思いました。

 

最後に

値段が手頃なのに、前に使っていたヘッドフォンとは音がかなり違って音に広がりがでました。

ヘッドホンは、いつも2000円以内で探しています。

個人的には満足です。

マニアの方には微妙かもしれませんが、普通の方なら値段も手頃で結構使えるのではないでしょうか。

 

イオニアのヘッドホンの専門用語が難しすぎて、説明が微妙になりすぎました。^^;