【ダイソー】耐水金属用サンドペーパーで、鉄鍋のサビを取ってみた

f:id:hayaokibitonamuu:20180310141132p:plain

こんにちは、鉄鍋好きの 早起人 なむう(id:hayaokibitonamuu)です。

 

愛用の南部鉄器が錆びてしまいました。

鉄鍋の錆び取りをするのに、サンドペーパーが必要。ということで、ダイソーにあったので買ってきました。

 

今回は、ダイソーの『耐水金属用サンドペーパー 3枚セット』 を紹介します。

 

 

サビ落とし、塗装下地などに。水をつけて研げるタイプ

と書いてあります。  

 

用途

#220(中目)

金属研磨前の下地研磨など。

 

#360(細目)

金属研磨前の下地研磨など。

 

#1000(極細目)

陶器の水あか取りなど。

 

数字が大きくなるにつれ、サンドペーパーの目は細かくなります。

 

商品

袋に入った状態(表)

f:id:hayaokibitonamuu:20180310141045p:plain

商品説明が載っています。

紙やすりの表の部分が見えます。

 

袋に入った状態(裏)

f:id:hayaokibitonamuu:20180310141117p:plain

使用方法が載っています。

紙やすりの裏の部分が見えます。

 

商品名部分をアップにしたところ

f:id:hayaokibitonamuu:20180310141132p:plain

サンドペーパーの番号が大きく書いてあります。  

 

サンドペーパー(表)

f:id:hayaokibitonamuu:20180310141144p:plain

出してみると、ざらつき加減が違うのが分かります。

#220が一番粗いです。

 

サンドペーパー(裏)

f:id:hayaokibitonamuu:20180310141155p:plain

サンドペーパーの番号が書いてあります。

#220が一番粗くて、#1000が一番細かいです。

 数字が大きくなるにつれ、細かくなります。

 

サビ取りの準備 

あると便利なのもの

・軍手や食器洗いの手袋

素手だと手に傷がつきやすいので、使用した方が手を守れます。

 

・クレンザーなど研磨材の入っているもの

サンドペーパーと一緒に使うと、錆び取りが早くできます。

 

・濡れてもいい巻きつけられるもの

サンドペーパーを巻きつけて使うと、持ちやすいので作業しやすいです。

 

サンドペーパーを使いやすいサイズに切る

f:id:hayaokibitonamuu:20180310141224p:plain

そのままだと紙やすりが大きいので、磨きやすいサイズに切ります。

一番粗い#220(中目)を使用しました。

商品説明では鋏の刃が痛むということで、カッターで切るのをおすすめしていました。

 

実際カッターで切ってみたところ、切り方が悪いのか硬くて切れませんでした。

家にある普通のカッターの刃の方が痛みそうでした。

サンドペーパーに白い線が入っているところが、カッターで切ってみたところです。

 

「プラス」(SC-175S)の結構なんでも切れるはさみで切ったら、普通に切れました。

 

商品詳細

商品名:耐水金属用サンドペーパー 3枚セット

内容物:#220(中目)

    #360(細目)

    #1000(極細目)

材質:ブラックシリコンカーバイト

オーダー発注:ヤスリ-紙 62

商品番号:KT-17-p12 B-027

製造国:中国

価格:100円(税抜)

 

良かったところ

・紙やすりが3枚入っている

・サイズが大きいので、好きな大きさに合わせて切れる

・値段が安い

 

微妙なところ

・紙やすりの番号表示の間隔が広い

 

小さいサイズで何枚も使う人には、番号表示がたくさんある方が便利です。

切る前に番号を書いたり工夫をすれば、普通に使えます。 

 

実際にやってみた

実際にやってみたその後の感想

洗剤を使わないでタワシでかなり洗ってガスで鍋を乾燥させたあと、お茶で何回か煮出すのが良いのではと後から思いました。

結果的にはなんとか使えているので良いのですが、内側はかなり傷んだのではと思っています。

 

後日、購入した鉄鍋メーカーに聞いてみた

鉄鍋のサビ自体には、害はないとのことでした。
内側全体に油を染み込ませたりすると、油膜が保護膜として作って
赤いサビが黒色化して落ち着いてくるということです。

油料理をしたり、油で手入れをすると良いようです。

 

実際にやってみた工程(この方法はおすすめしません) 

錆び取り前の鍋

 f:id:hayaokibitonamuu:20180310141238p:plain

同居人が鍋を錆びさせてしまったので、紙やすりをする前に鍋の錆び取りをしてもらった状態です。

赤さびが結構残っています。

 

錆び取り後の鍋

f:id:hayaokibitonamuu:20180310141253p:plain

水を軽くつけたサンドペーパー(#220)とクレンザーで、少しずつ磨きました。

磨いた後によくすすいで、水気をガスで飛ばします。

写真だと分かりづらいのですが、実際にはサビはかなり薄くなっています。

 

お茶で煮出す

鍋にお茶を入れてしばらく煮出します。

煮出したらそれなりになったので、現在は普通に使っています。   

 

最後に

南部鉄器は大事に使えば一生ものなので、あと何回か錆び取りすれば普通に使えるようになるでしょう。 お茶で煮出して使えるようになりました。

今、考えるとたわしでかなり洗って、お茶で煮出せば良かったかもしれないと思いました。

メーカーに聞いてみたので、今後はメーカーのやり方でやることにします。

 

紙やすりは木工用など数種類ありましたが、サビ落としと書いてあったのでこれを買ってみました。

ホームセンターとかで買うと倍以上の値段はすると思うので、気楽に買えて良かったです。

 

紙やすりを買うときの参考になればということで記事は残しておきます。