【ヘッドセット】3極から4極に変換するオーディオ変換分配アダプターケーブルが便利 [ARKARTECH]

f:id:hayaokibitonamuu:20180923193058j:plain

こんにちは、早起人 なむう(id:hayaokibitonamuu)です。

 

ヘッドセットを買ったら、差込口がヘッドフォン部分しかなかったってことありませんか?

 

そういうときに便利なのが、マイクとヘッドフォンを挿してヘッドフォン口に挿せるという商品です。 

3極のマイクとヘッドフォンにプラグが分かれているヘッドセットが、4極で使えるようになります。

 

今回は、ARKARTECH 『オーディオ変換分配アダプターケーブル』を紹介します。

 

 

購入のきっかけ

PC用にヘッドセットを使って、音声入力をしてみようと思ったのがきっかけです。

PCはマイクとヘッドフォンのプラグを挿せると思っていたので、3極のステレオミニプラグでマイクとヘッドフォンの2つ分かれているものを購入。

 

Windows向けのヘッドセットなのは知っていたのですが、iPhone 6 Plusでも使えないかと思いました。

iPhone 6 Plusは、イヤフォン挿込口のみでマイク挿込口がありません。

 

そこで、4極に変換できるARKARTECH 『オーディオ変換分配アダプターケーブル』を購入して、使えるかどうか試してみようと思いました。

 

実は使用時にPCにマイクの挿入口がないのが分かって、結果的にこれを買っておいてよかったということになりました。^^;

 

デスクトップPCとか見ていると、ついノートPCにもマイク挿込口が有るものだと思い込んでいました。  

 

『オーディオ変換分配アダプターケーブル』の袋

f:id:hayaokibitonamuu:20180923193023j:plain

f:id:hayaokibitonamuu:20180923193038j:plain

Amazonで購入です。

ゆうメールなので、ポストに投函されたものを受け取りました。

特に説明書などはなく、他には何も入っていません。

Amazonに載っている情報以外は、知りたいことがあれば問い合わせになります。

 

プラグ本体

 f:id:hayaokibitonamuu:20180923193110j:plain

ブラックを購入しました。

マイクとヘッドフォンのマークが入っています。

 

他のメーカーだとロゴが入っていることが多いですが、ARKARTECHにはロゴが入っていないのでシンプルです。

色も黒メインなので、見た目もよいです。 

 

この色のほかに、ブルー、レッドがあります。

色が有るほうが良い人は、値段も100円安いのでそちらがおすすめです。

  

f:id:hayaokibitonamuu:20180923193058j:plain

プラグには金メッキがされています。

端子1は、3.5mmステレオミニプラグ(オス)

端子2は、3.5mmステレオミニプラグ(メス)+マイク(メス)

です。

 

f:id:hayaokibitonamuu:20180923193143j:plain

4極プラグです。

 

『オーディオ変換分配アダプターケーブル』とイヤフォンのプラグ比較

f:id:hayaokibitonamuu:20180924074955j:plain

上 イヤフォン 3極

下 変換アダプター 4極

 

普通のイヤフォンと変換アダプタ―の違いは、写真で見比べると分かりやすいかと思います。

 

上のイヤフォンは、白いリングが2つあって、3極に分かれています。

これは、白いイヤフォンなのでリングが白になっているようです。普通は黒いリングが一般的です。

4極との違いは、マイク部分がないところです。

あとから、4極の規格のところで説明します。

 

下の変換アダプターは、黒いリングが3つあって、4極に分かれています。

 

4極は、2種類の規格がある

4極には、2種類の規格があります。

CTIA規格とOMTP規格です。

違う規格を買ってしまうと、使えません。

国内のプラグは、ほとんどがCTIA規格です。

 

CTIA(Cellular Telephone Industry Association)規格

f:id:hayaokibitonamuu:20180924073315j:plain

簡単に文字を載せましたが、出来上がりの画像が荒くなってしまいました。^^;

3極にマイクが加わりました。

 

一般的な規格です。iPhoneや日本で作られるほとんどの端末はCTIAを使っています。 

 

OMTP(Open Mobile Terminal Platform)規格

f:id:hayaokibitonamuu:20180924073325j:plain

CTIA規格と違うのは、マイクとグラウンドの位置が逆になったところです。

 

こちらは、海外端末によく使われている規格です。

Xperiaの古い端末(2011年以前)は、OMTP規格が使われています。 

 

実際に使ってみた 

f:id:hayaokibitonamuu:20180922203753j:plain

iPhoneに挿したところです。ヘッドセットと一緒に使うと、こんな見た目になります。

 

WindowsiPhone 6 Plus、シャープ アクオスで試してみました。

 

実際に使ってみた感じは、こちらの記事で詳しく書いています。

hayaokibitonamuu.hatenablog.com

 

良かったところ

  • マイクの挿入口がなくても使える
  • 見た目がシンプルでよい

 

微妙なところ

  • 型番が分からないので、商品が探しにくい

型番はあった方が、探しやすいです。

 

商品詳細

商品名:オーディオ変換分配アダプタケーブル

材質:TPE+アルミニウム合金+金メッキ

端子1 : 3.5mmステレオミニプラグ(オス)

端子2 : 3.5mmステレオミニプラグ(メス)+マイク(メス)

長さ:320mm

規格:CTIA

対応端末:スマホiPhoneAndroidiPadiPodタブレット、ノートPC、PS4、XBOXONE、ラジオ、CD/MP3プレーヤー、HDDレコーダー等

製造:中国

メーカー保証:1年間メーカー保証

注意事項:ノイスキャンセラ機能が付いたステレオミニプラグ5極端子搭載の製品にはご利用頂けません。

 

 

最後に

間違えたヘッドセットを買っても、変換アダプターがあれば安心ですね。

 

私はこれで、PCとiPhone両方使えるようになりました。

あやうく、御蔵入りになるところで助かりました。

 

プラグ、コネクタはよく確認してから買いたいものですね。

 

メーカーの対応はレビューから見ていると良さそうです。