【iPhone/Android】キンドル(Kindle)、楽天Koboを音声読み上げで本を聴く設定と実際に使ってみた感想

f:id:hayaokibitonamuu:20181103184938j:plain

こんにちは、『楽天Kobo』の存在を忘れていた 早起人 なむう(id:hayaokibitonamuu)です。

 

本は読みたいけど、目が疲れているとか、手が離せないとかありますよね?


今回は、『キンドル』『楽天Kobo』をiPhone、アンドロイド側での音声読み上げ設定、実際に使ってみた感想を紹介します。 

iPhoneは、2アクションで読み上げ機能を立ち上げる設定も紹介します。

 

 

キンドル』『楽天Kobo』のアプリがすでに入っている前提からの設定です。

 

iPhoneの設定方法

基本設定:音声の読み上げの設定

「設定」

f:id:hayaokibitonamuu:20181103133651j:plain

「設定」を押す 

 

「一般」

f:id:hayaokibitonamuu:20181103132256j:plain

 「一般」を押す

 

アクセシビリティ

f:id:hayaokibitonamuu:20181103141133j:plain

アクセシビリティ」を押す

 

「スピーチ」

f:id:hayaokibitonamuu:20181103132233j:plain

「スピーチ」を押す

 

「画面の読み上げ」

f:id:hayaokibitonamuu:20181103132358j:plain

「画面の読み上げ」を押す

ここで、「声」と「読み上げ速度」の設定ができます。

「読み上げ速度」は、後からでも出来ます。

 

基本設定:『キンドル』『楽天Kobo』の聴き方

ここまでの設定でも、『キンドル』『楽天Kobo』の読み上げができます。

 

ここまでの設定で読み上げを行う場合は、『キンドル』『楽天Kobo』を立ち上げます。

本文が出たら、2本指スワイプ(2本指で、上から下になぞる)を行います。

 

すると、下の画面のような操作ボタンが出ます。

f:id:hayaokibitonamuu:20181103132215j:plain

出所:青空文庫(以下、iPhone画面内の文章の出所は青空文庫です)

 

「うさぎ」「かめ」 は、速さ調節です。

「うさぎ」押すと速くなり、「かめ」を押すと遅くなります。

好きな速度に、調節することができます。

 

「<」は、操作画面が小さく

「✕」は、操作画面が閉じます。

 

応用設定:2本指スワイプ以外の「画面の読み上げ」機能を2アクションで呼び出す設定

『基本設定』だけでも聴くことが出来ますが、

  • 2本指スワイプが面倒
  • 画面の反応が悪い
  • 2アクションで呼び出したい

などの人向けの設定になります。

 

「カスタム」または「ジェスチャー」に登録する方法です。 

『基本設定』を行ってからの設定になります。

 

「設定」「一般」アクセシビリティ

f:id:hayaokibitonamuu:20181103134224j:plain

少し下の方にあります。

→「AssistiveTouch」をオン

→「最上位メニューをカスタマイズ」を押す  

 

「カスタム」または「ジェスチャー

f:id:hayaokibitonamuu:20181103132246j:plain

「カスタム」または「ジェスチャー」のどちらかを押す

 

「画面の読み上げ」

f:id:hayaokibitonamuu:20181103135045j:plain

一番下の「画面の読み上げ」を押す

右上の「完了」を押す

 

「カスタム」または「ジェスチャー画面になるので、

左上の「< AssistiveTouch」を押す

 

「シングルタップ」

f:id:hayaokibitonamuu:20181103161044j:plain

「シングルタップ」を押す

 

「メニューを開く」

f:id:hayaokibitonamuu:20181103161246j:plain

「メニューを開く」を押す

 

これで、設定は終了です。

実際に設定された方は、お疲れさまでした。^^

 

あとは、普通に聴いてみましょう。 

 

 応用設定:『キンドル』『楽天Kobo』の聴き方

キンドル』または『楽天Kobo』の本文画面を開く

   ↓

赤枠の中のボタンを押す

f:id:hayaokibitonamuu:20181103160034j:plain

  ↓

「画面の読み上げ」を押す

f:id:hayaokibitonamuu:20181104091300j:plain

    ↓

操作ボタンが出る

f:id:hayaokibitonamuu:20181103132215j:plain

あとは、普通に聴きましょう。 

 

アンドロイドの設定方法(紹介)

文章での設定 

ミニマリストのび太 さん(石黒敬太 さん)が、Androidの設定を記事にしています。

アンドロイドの方は、この記事の設定が分かりやすいです。

石黒さん、ご協力ありがとうございます。^^

www.muji-nobita.com

 

動画での設定

同じく石黒さんが動画で、設定方法を紹介しています。

キンドル(Kindle)音声読み上げアプリ(音読朗読)が秀逸【Androidアンドロイドやり方】 

 

キンドル』と『楽天Kobo』の操作画面の表示

キンドル』の場合

f:id:hayaokibitonamuu:20181103132215j:plain

 

キンドル』の場合は、『Kindle』と表示されます。 

 

楽天Kobo』の場合

f:id:hayaokibitonamuu:20181103132412j:plain

楽天Kobo』の場合は、『楽天Kobo』と表示されます。

 

iPhoneの機能なので、表示だけが違うだけですね。 

 

実際に試してみた

私は本は読むのですが、本を聴くというイメージがわきませんでした。

本を聴くのをいろんな人に薦められていたのですが、どういう場面で聴けばいいのか考えてみました。

 

操作は2本指スワイプで読み上げ機能を立ち上げてましたが、端末の感度が悪いのか20回ぐらい操作しないと立ち上がりませんでした。面倒以前の前に挫折しかけました。;;

 

読み上げ機能を登録してからは、2アクションで読み上げ機能を立ち上げられるようになったので、無事に試すことができました。

 

読み上げに、向いていないと思った本

  • マンガ
  • 図、写真が多いもの
  • 難しい本

は、絵や図、写真が多いと「画像です」と言って次の読み上げに入る本があります。

マンガは認識できないようです。

文章の本は、本によっては画像があると音声が止まってしまいました。

反応は本によって、違うようです。

難しい本は、知らない言葉が多いせいか内容が全く入ってきません。活字で読むか音声と一緒に読んだ方が良いと思いました。

 

f:id:hayaokibitonamuu:20181103132428j:plain

出所:ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

 

漫画だと「読み上げ可能な内容が画面に見つかりませんでした」と表示されました。

 

読み上げに、向いていると思った本

  • 英語の本
  • 自己啓発本
  • エッセイなどの軽い内容の本
  • 一回読んだことのある本

日本語の本を読んでいて英語が出てくると突然声が変わるので、だれ?という声が聴こえてきます。

 

英語の場合は活字を読みながら音声を聴くと、読めない英語の音声も分かって良い感じでした。

 

自己啓発本は、前向きなことを言うことが多いので寝る前とかに良さそうです。

 

他の本は、私の場合はエッセイ、一回読んだことあれば頭に入ってくるかなという感じでした。

 

読み上げで、気になったところ

  • ページが変わるところ
  • 画像が入るページ
  • 数字、縦書き英語(全角)、英語、漢字

ページが変わると、一瞬間が空きます。止まったのかな?と思いましたが、しばらくすると普通に読み上げが始まります。読み上げに慣れてくると、ページが変わったのだなと分かるようになります。

 

画像が入るところは、本によっては、「画像」という本もありましたが、本によって読み上げが止まってしまうものもありました。

 

数字は10だったら、イチ、ゼロみたいな読み方です。長い数字だと分かりにくいです。

 

英語は全角の場合は一文字ずつ読むので、ティーオーディーオーと言いだし何のことかと思ったら to do のことでした。

英語になると、違う人?のような声が聴こえてきます。

 

漢字も苦手なものがあるようで、変な読み方のときがあります。

慣れてくると何を言っているのかが分かるようになりますが、気になる場合は、「設定」の「スピーチ」のところに「読み方」があるので登録ができます。

 

Kindle』『楽天Kobo』での読み上げについて

iPhoneの機能を使っているので、差は特に感じませんでした。

本の作りによって、変わってきます。

 

こんな場面で聴いてみた

私はだいたい何かをやっているので、どこで聴くのかというのを考えたところ、

  • ランチ
  • 電車の移動時間の眠いとき
  • 移動時間

が、一番聴きやすいかなと思って試してみました。

10分以上の時間があるときに聴くのが良いと思いました。

 

ランチ

ごはんを食べるときに、聴いてみました。

私は食べてる間は何もしていないので、これが一番良かったです。

 

最初は聴くのに集中力がある程度いるようなので聴くのが難しいと思いましたが、慣れてくると普通に聴けるようになりました。

いまでは、結構楽しく聴いています。

 

電車の移動時間の眠いとき

電車では電車の走る音なども聞こえるので、本を聴くのは問題ありませんが、場所によってボリュームを変えたくなります。

本体で、ボリュームを変えるのは面倒です。

ノイズキャンセリングイヤフォンで、ボリューム調整ができるものがあると便利だと思いました。

 

移動時間

ヘッドフォンの準備に手間取るので、まだ試していません。

試したら、追加します。 

 

声は変えられます

声はiPhoneに普通に入っている声とダウンロードができます。

私はSiri(男女)にしました。

男性の本は男性で、女性の本は女性の声にして聴いています。

 

音声読み上げが向いている人

  • 本を読みたいけど、疲れている
  • 洗い物などで動けないけど、本は読みたい
  • 眠いけど、暇である
  • 外国語の勉強を効率よくしたい
  • 自己啓発をしたい
  • 車の運転時
  • 移動しないスポーツ

など

 

最後に

私の使い方はランチの時が、一番向いていました。

 

英語の勉強したい人などにも、お薦めです。

Kindle』は英語の無料本が結構あるので、音声聴きながら活字を読むことができます。

 

Kindle』『楽天Kobo』は、無料期間や無料キャンペーンでダウンロードできる本があります。

青空文庫などの名作もダウンロードできるので、結構楽しめます。

使ったことない人は、無料本で試してみてはどうでしょうか。

 

楽天Kobo』は端末持っていましたがアプリで充分なので、売ってしまいました。

アプリで復活したので、良かったです。